審美歯科

審美歯科は、むし歯や歯周病の治療など、一般歯科で行っている治療に「美しさ」という視点をプラスした治療です。治療法には、大きく分けて「補綴(ほてつ)治療」と「ホワイトニング」という2種類があります。また、患者さんの状態によっては、歯並びを治す矯正歯科やインプラント治療も審美歯科に含まれます。補綴治療では、「自然」で「白い歯」にするために様々な歯科材料を用います。

【審美歯科で使われる歯科材料】

オールセラミッククラウン:冠全体がセラミック(陶材)でできたクラウン(冠、かぶせ物、差し歯)です。セラミックは汚れが付きにくく、変色しません。

ハイブリッドセラミッククラウン:セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウンです。オールセラミッククラウンよりもやわらかい材質です。

メタルボンドクラウン:メタルボンドクラウンとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶材)を貼り付けたクラウンです。見た目が良く、変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

ジルコニアオールセラミッククラウン:ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドクラウンで用いられている内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用したものです。金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯肉の変色(灰色や黒色に)、金属アレルギー(手足に水疱やびらんが生じるアレルギー)などの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。また、ジルコニアは土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミッククラウンよりも審美的に仕上げることができます。

ラミネートベニア:歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付ける治療法です。歯を削る量が少なく、神経も削ることなく治療を行うことが出来るので、少ない負担で行うことが出来る治療法です。ホワイトニングでは落とせない歯の変色には、ラミネートベニアが適応です。