CT診断

歯科用デジタル3次元CT

当院が採用している歯科用CT(CBCT)は、最先端技術による「高精細画質」で、医科用CTに比べて高解像度、被爆線量が少ない、金属アーチファクトが少ないなどの利点があります。
インプラント治療をはじめ、顎骨疾患、顎関節症、歯性上顎洞炎(歯が原因で蓄膿症)など、多くの歯科疾患の診断と治療に有効な装置です。
画像は3次元構築でき、治療の説明や治療経過の変化を立体的画像で示すことができます。
見えない部分を可視化して患者様にわかりやすく説明いたします。